2019染織意匠・図案コンペ

2019染織意匠・図案コンペ【発表】   >> English Page | >>募集・開催概要ページ

「2019世界を映す着物発表会」のご案内

以下の通り、2019年度の受賞作品および作品をもとに創作した友禅作品の発表会を開催します。

エリア データ
京都会場
期間: 2019年10月16日(水)〜10月17日(木)
時間: 10:00 - 16:00
会場: 京都市勧業館「みやこめっせ」1階 第2展示場B
住所: 京都府京都市左京区岡崎成勝寺町9-1
URL: https://www.miyakomesse.jp/
交通: 京都市地下鉄東西線「東山」駅より徒歩約8分
[Google Maps]
東京会場
期間: 2019年12月7日(土)〜12月15日(日)
時間: 11:00 - 20:00
会場: 「渋谷ヒカリエ」8階 CUBE1,2,3
住所: 東京都渋谷区渋谷2-21-1
URL: http://www.hikarie.jp/access/
交通: 東急東横線・田園都市線、東京メトロ半蔵門線・副都心線「渋谷駅」15番出口と直結 / JR線、東京メトロ銀座線、京王井の頭線「渋谷駅」と2F連絡通路で直結
[Google Maps]

選考結果の発表(金賞)

厳正なる選考の結果、以下作品が金賞となりました。受賞者の皆さん、おめでとうございます。
受賞したデッサンと、デッサンを元に制作した振袖をあわせてご紹介します。

金賞 受賞者
カーボヴェルデ共和国 金賞 土屋 詩綺 | 神奈川県立横浜平沼高等学校 | #1 デッサン
エスワティニ王国 金賞 山村 咲也花 | 大原和服専門学園 | #2 デッサン
ボツワナ共和国 金賞 渡辺 千代 | 一般(大阪府) | #3 デッサン
コモロ連合 金賞 今枝 みなみ | 愛知県立一宮高等学校 | #4 デッサン
サントメ・プリシペ民主共和国 金賞 砂場 阿津子 | 一般(北海道) | #5 デッサン
ベナン共和国 金賞 近本 隼登 | 香蘭ファッションデザイン専門学校 | #6 デッサン
ブルンジ共和国 金賞 幡野 裕 | 一般(山梨県) | #7 デッサン
イングランド 金賞 田中 麻樹 | 一般(茨城県) | #8 デッサン
スコットランド 金賞 久保田 菜那子 | 京都市立洛北中学校 | #9 デッサン
ウエールズ 金賞 道中 愛依 | 徳山大学 | #10 デッサン

buck to the top

選考結果の発表(銀賞)

厳正なる選考の結果、以下作品が銀賞となりました。受賞者の皆さん、おめでとうございます。

銀賞 受賞者
カーボヴェルデ共和国 銀賞 鈴木 椋巴 | 神奈川県立横浜平沼高等学校 | #11 デッサン
エスワティニ王国 銀賞 中村 栞理 | 愛知文化服装専門学校 | #12 デッサン
ボツワナ共和国 銀賞 清田 夏樹 | 一般(新潟県) | #13 デッサン
コモロ連合 銀賞 城貝 悦子 | 京都伝統工芸大学校 | #14 デッサン
サントメ・プリシペ民主共和国 銀賞 土橋 咲希 | 柳津町立会津柳津学園中学校 | #15 デッサン
ベナン共和国 銀賞 黒木 梨生 | 香蘭ファッションデザイン専門学校 | #16 デッサン
ブルンジ共和国 銀賞 三宅 伸枝 | 一般(愛知県) | #17 デッサン
イングランド 銀賞 春田 じゅんこ | 一般(静岡県) | #18 デッサン
スコットランド 銀賞 北村 青香 | 京都伝統工芸大学校 | #19 デッサン
ウエールズ 銀賞 坂牧 佳乃 | 新潟県立長岡大手高等学校 | #20 デッサン

上記、金賞・銀賞以外の「銅賞」・「佳作」については、京都発表会の会場にて展示発表します。

buck to the top

日本の伝統衣装、着物を知っていますか?

きらびやかで美しいきものは、1300年以上前からかたちを変えながら親しまれてきました。中でも、日本で発展した染色方法である友禅は世界でも珍しい染色方法で、日本でも数少ない一流の染めの職人達が支えています。
友禅の生地は、日本で作られた最高級の絹。そこに、長年修業を積んだ職人達が絵を描いていきます。細かい柄を染め分けることができるため、色彩豊かで華やかなものが完成します。


■ 日本の四季
四季折々の自然の美を絹に華やかに映す手描友禅は、ただ単に伝統の技を継承するだけでなく、その時代、その時代を生きる匠の磨かれた感性を加味し、より美しく、より洗練されて染めなされた美の結晶といえます。雅やかに息づく日本の美意識は、今をいきる私たちに真の美しさと日本の心を静かに語りかけてくれるようです。
友禅は、日本の豊かな四季の風情、景色、草花をベースとして模様が構成され、日本のたおやかな自然によって生み出された総合芸術なのです。


■ 友禅の未来
数々の高度な技術の集大成として、ひとつの着物が創られる手描き友禅。これらの技術と、意匠の伝達に欠くことのできないシステムを司るのが着物のプロデューサーである「染匠(せんしょう)」です。染匠は、その研ぎ澄まされた感性で着物のデザイン・色を考案すると共に、作品創作の全般を統括しています。
日本の美しき伝統と着物文化を代表する手描き友禅は、長い歴史と共に発展を遂げながら現代に受け継がれ、日本を代表する装飾文化、意匠のオピニオンリーダーとして未来へ向けて、多方面に飛躍しようとしています。

着物(友禅)の生地を使った試作品

buck to the top