ご案内

日本の伝統文化であるキモノを世界に発信するために、「世界の彩り 春夏秋冬」を統一テーマに掲げ、あらたな需要喚起のための挑戦として新作を考案し、斬新な表現をめざしました。
また、本展覧会は、“WEB会場”と“リアル会場”とが連係して展開します。リアル会場は、2024年1月に「東京展」(会場:渋谷ヒカリエ8階)、2024年2月に「小千谷展」(会場:新潟県・小千谷織物工房)、2024年3月に「京都展」(会場:京都市京セラ美術館2F)の3箇所、Web会場は2023年春にオープンした染織産地が直接消費者にアプローチするモール「染工房ポータル」で実施予定です。
ぜひ多くの方にご観覧いただけますと幸いです。

開催主旨

最大の消費地である東京と、集散地の京都において求評会を開催し、消費者に直接働きかけ、新規事業の確立と需要拡大を目的として実施いたします。開発した最高品質の染織品を流通業界・小売業界に対してもご求評をお願います。また、消費者様を対象にして、世界に誇る日本の技術により生産された染織品をPRします。
【目的】
・異業種向け染織産品、海外市場にも対応する広幅染織品の開発
・和装品の新アイテムの新開発商品の創出
・伝統的工芸品の高品質な製品への消費者志向の誘導のための広報活動
・産直市場への販路拡大
・本物の伝統的工芸品染織産品のPR

東京・渋谷ヒカリエ会場※写真は実施風景(東京・渋谷ヒカリエ会場)

テーマ「世界の彩り 春夏秋冬」

本展にあたって、四季折々の世界の草花をモチーフに取り入れた作品を創作しました。 出品作品は以下の30点です。

  • 高度な技術技法を用いた手描友禅による異業種の染織品としての「手描友禅染広幅生地」10点
  • 海外市場を目指して、高度な技術技法を用いた手描友禅による服飾品(ショール)10点
  • 高度な技術技法を用いた手描友禅による新アイテム和装品「模様染着尺」(カジュアルに着こなせる正絹着物)10点
  • 東京展

    京都展

    小千谷展

    WEB展示会